皆さんは歳を重ねるごとに身体の様々な機能が低下していると感じた事はありませんか?

私達の身体は年齢とともに運動機能や神経機能など色々な機能が衰えていってしまいます。
口腔機能もそのうちの一つです。

お口の機能が低下することによって以前よりも
・むせやすくなったり
・会話する時発音しにくくなったり
・食事の際に食べ物が飲みにくかったりします。

特に高齢者の方は、『物を咬む機能の低下』や『飲み込む機能の低下』により『誤嚥性肺炎』のリスクが非常に高くなります。以前から肺炎が死亡の原因として高い割合であったのはこの誤嚥性肺炎の可能性が高いとも言われています。

お口の機能が低下してしまうと、食事の量の減少や栄養の偏りなどにつながり低栄養の問題が生じる事により体が弱り、機能低下の悪循環になってしまいます。

お口の中の筋力低下、とくに舌の力が弱って嚥下時のむせなど、何気ない変化がありましたら、是非ご相談ください。
筋力測定を行いお口のトレーニングに取り組んで楽しく食事ができるようにサポートいたします。